桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

書き初め :: 2009/01/04(Sun)

二人揃って、ラーメンズ!

そうです、丑年の今年いよいよ二人揃ったところが生で見られるかも知れません

ということで、書き初め・・・してみました(笑)


そーだよ、やっと時間ができたんだよ(泣)
昨日までひーひー働いてたよ
くれよ主婦にも正月休みを!!


見てやってもいいよーってきとくな方、つづきをどうぞ 続きを読む
スポンサーサイト
  1. ofuzakedesu
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

ブログ拍手のお礼?ってほどにもなりませんが :: 2008/11/17(Mon)

「演劇ぶっく vol.136  トライアンフを考察する」に拍手とコメントありがとうございます


>15日にコメントいただいた E様

いつもありがとうございます。
色々書きましたが、結局今の賢太郎さんは良いところに収まっているのだと思います
そしてそれはスタッフや回りの人のおかげだと感謝してらっしゃるのかなと思います

彼は新しい人との出会いで自分が大きくなることを実感しているのでしょうね

どうやら次の人とも出会ったようで、ますます楽しみです



さて、拍手とコメントのお礼・・・にもなりませんが
またまた描いちゃいました


おひまな人のみどうぞ ご覧下さいませ


続きを読む
  1. ofuzakedesu
  2. | trackback:0
  3. | comment:8

だったらシリーズ その5 :: 2008/10/24(Fri)

えーー、そろそろトライアンフ熱も、うすぼんやりとしてきました今日この頃


桃の木 もネタぎれということで
お待たせいたしました「だったらシリーズ」(誰も待ってない?)


顔の好みでつながっております 賢太郎さんから野村萬斎さん


ちなみに配列でいいますと


丸がお + 涙袋

     ↑
     ↓

ほっそり顎 + キツネ顔 の順列で




ウッチャン

  ↓

 堺雅人

  ↓

小林賢太郎 

  ↓

西嶋秀俊

  ↓

オダギリジョー

   ↓

佐々木蔵之介

   ↓

野村萬斎




となっております

いいですねー、どの人も大好きです




ええ、前おきはこれくらいにして本題に参りますよ



参ります! だったらシリーズ その5





もしも、賢太郎さんが、陰陽師安倍晴明だったら!!!


はい、題材は 『陰陽師 / 御所から流れ橋へと歩く道すがら  晴明 のすに、「呪」を説く』



晴明@賢太郎さん 「例えば、この世で一番短い「呪(しゅ)」は「名」ということになりますでしょうか」



のす         「名? 「のす」とか「富樫くん」とかの「名」のことのすか?」



晴明@賢太郎さん 「はい、「呪」とは要するに 物や心をしばる・・・」



のす         「物や、心をしばる・・?」



晴明@賢太郎さん 「あなた様は、「のす」という名でしばられています。 しかし、その名がなければ」



のす         「「のす」がこの世にいなくなってしまうのすか?」



晴明@賢太郎さん 「いえ、「名」がなくてもこの世からいなくなるというこではありませぬ」



のす         「じゃあ、バッテリーがなくなるのすか?」




晴明@賢太郎さん 「いえ、「バッテリー」が無くなっても、 この世からいなくなるということではありませぬ」




のす         「訳のわからないことを いいやがって!JAROに 訴えてやるのすよーーー」









えええと、収拾のつかないことになってしまいました


すいません、只のレクレーションです
いうなれば、KKPあとの「大喜利猿」のようなものと・・・


あああ、ごめんなさーーーーーーい




  1. ofuzakedesu
  2. | trackback:0
  3. | comment:7

だったらシリーズ もしも賢太郎が・・・その4 :: 2008/08/26(Tue)

桃戸の好く男子の方の傾向は決まっております


小学生の頃から大体同じパターンのす


プー子さんちでもコメントに残しましたが
桃戸の初恋は、1972年放送 NHK「タイムトラベラー」(原作筒井康隆「時をかける少女」)
に登場したケンソゴル=深町君です

と言っても解る人、皆無!!
渋すぐる!!!桃戸!
小学生ぞ!




長髪・インテリ・色白・切れ長の目(もしくは吊り目 もしくは眼鏡)
けど、ちょっと少年ぽい人
そんな人が好き~~~


そうなんです、だからジブリ作品で一番好きなのはヒーローは
トトロとか、紅の豚とか、天空の城ラピュタで「親方、空から女の子が!」と言ったバズーでもありません


まずは、
「耳をすませば」の天沢聖司くん
中学生で、バイオリン職人を目指してイタリアへ行くなんて素敵すぐる!!

そして、「千と千尋の神隠し」のハク

で、次に「ハウルの動く城」のハウルですの




そこで、本日の「だったらシリーズ」は



もしも、賢太郎さんが、ハウルだったら!!



で、ございます!




ハウルの動く城 (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック)ハウルの動く城 (1) (アニメージュコミックススペシャル―フィルム・コミック)
(2004/12/15)
宮崎 駿ダイアナ・ウィン・ジョーンズ

商品詳細を見る




ソフィー@仁さん    「待って! 賢太郎! ここに居て」

ハウル@賢太郎さん 「・・・」

ソフィー@仁さん    「逃げよう  戦ってはダメ」

ハウル@賢太郎さん 「なぜ?  僕はもう  充分逃げた
        
              ようやく護らなければならないものができた





    
              君だ」









すみません。 ただ言わせたかっただけです


もうちょっと続きます>「だったらシリーズ」・・・
  1. ofuzakedesu
  2. | trackback:0
  3. | comment:4

だったらシリーズ もしも賢太郎さんが・・・ その3 :: 2008/08/23(Sat)

だったらシリーズ 第3弾!

「もしも、賢太郎さんが、もとい 天城茎太郎が糸色先生だったら」



って、本日はよそ様のふんどしで相撲をとっちゃいますよ

一日に3つも記事書いちゃいます
すごいです、ショコタン並にがんばります 


それでは、ごゆっくりお楽しみ下さい








もひとつ
  1. ofuzakedesu
  2. | trackback:0
  3. | comment:3
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。