桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

本日、初ボイトレ :: 2011/12/19(Mon)

今日、ボイストレーニングとやらを初めて受けました

短大の時に、声楽はやっていたので
腹式呼吸やら、声の張り方やらはそこそこできてるつもりだったけど

やっぱり正式にとなると


好きな音源を持ってきて良いとのことだったので

Ann・Sallyの「アフリカの月」を持っていきました


最初いきなり

「じゃあ、歌ってみましょか」

で、歌うと

「あら、かなり歌いこんでますね」と

そのあと、いろいろ発声の指導を受けたあともう一度歌ったら

なんとまあ、声の伸びること伸びること

やっぱりプロはプロやねえ


スポンサーサイト
  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

報告2 :: 2011/12/17(Sat)

とりあえず 唄うことにしました


最近知り合った人やら、昔お世話になった方やら

色んな人に、助言をいただいたり刺激を受けたりしながら
ライフワークとして唄を続けていけたらいいなと思ってます


それにしても、10年歌ってないと本当に衰えてまして・・・


色々考えた末、ボイトレすることにしました


それも、PTAコーラスでお世話になった声楽の先生に引き受けてもらいました


来年早々トレーニングスタートします


来春にはライブできたらいいなと思ってます


ありがたいことにすでにオファーもいただいてます


私って本当に恵まれてるんだなあ


とにかく最初の大一歩 がんばります


  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:2

ご報告 :: 2011/12/15(Thu)

49歳のお誕生日から早3月ほど経ちました

50歳までの一年、どう過ごそうかとこのブログをリニュアルしましたが
特にそれらしいことを書くこともなく今日まで来ましたが
実はいろいろございました


まず、以前にCD制作時バックコーラスで参加したことのあるバンドから
コーラスで参加しないかと打診がありました
ただしアコーディオンを弾きながらという条件付きで

さっそくミニアコーディオンを購入して毎日練習
運指練習したり、ねっとで練習用の動画を見つけて何度も繰り返し弾いたり


でも、そうこうするうちにふつふつと歌いたい願望が・・・


さてさて桃戸はどうしたでしょうか
この続きはまた明日・・・

  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Xmasまで、ちょっとだけ神様のお話 vol4 :: 2011/12/11(Sun)

最後の日はあっと言う間に訪れました

車で家路を急いでいると母からの携帯電話
「桃ちゃん、今日病院に来れる?」
食事が終わったら行きますというと
「ちょっと待ってお父さんが代われって言ってる」
言葉の出ない父が電話を代われと言うのは珍しいことでした
「お父さん何?何か持っていくの?ビール?」
するとYESと取れる「おうおう」という返事がありました

でも、私が病院に着いた時
父はすでに昏睡状態でした。
看護婦さんが自宅にいる先生を呼んでくれている間
母と私と娘でじっと手を握っていました

駆け付けた先生は「臨終」を告げると部屋から出て行かれ
看護婦さんが出発の準備をしてくれました

死者であっても正面玄関から見送るのがこの病院の方針だと話てくれました

「讃美歌をかけてもいいですか?」
誰も反対するひとはいませんでした
「お父さんが嫌がる」と常に口をすっぱくしていた母でさえも
「お願いします」と言っていました


そこに戻って来た先生の手には小さなリースが握られていました
「先生がリース作って下さってたんですか?」
看護婦さんが驚いておられました
いつもリースは作るのですが、それは看護婦さんの仕事だそうで
先生は寒空の下、庭のお花を摘んでリースを作って下さったのでした

いつものお洋服を着て寝台に横たわり
胸には先生のお手製のリースを飾られ
讃美歌とともに 先生、看護婦さん総勢5~6人に見送られました
それは本当に暖かい最後でした

宗教を超えた心からの見送りを受けた父は
本当に幸せな最後であったなと
そして、最後に父の声を聴かせてくれたのも
何かの大きな力が働いたようにも思います


12月11日
今日は父の三回忌です
弟たちの家族も東京と埼玉から集まりにぎやかな集まりでした
父もきっと喜んでいたと思います


http://youtu.be/MbNspc8PXB0

  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Xmasまで、ちょっとだけ神様のお話 vol3 :: 2011/12/11(Sun)

脳梗塞ですでに介護の必要だった父が肺がんを患い
亡くなった年の10月は母と二人で病院につきっきりでした
私は昼間は仕事、帰宅し夕食を作りそのあと父の病院へ行き一晩中付き添い
朝早く自宅に戻り、朝食と弁当を作り会社に出勤するというハードな日々を送り
もう限界が近づいていました

そこを救ってくれたのがホスピスでした

姫路マリア病院はカトリック系の病院で父はいやがるのでないかと悩みました
ところが病院の十字架や聖書を見ても不機嫌になることもなく
奉仕の精神でかかわって下さる先生や看護婦さん
それにボランティアの方々に親切にされ父は喜んでいたように思います

クリスマスが近かったので、ホールにはキリストの生誕シーンを
再現した人形の飾りつけがしてありましたが
熱心に何度も見ていました

完全看護で、緩和ケア(痛みをとる治療)中心のホスピスで
肺がん末期の父は一時、元気になったように見えました

まるで神さまに守られているような病院の中で仏教徒の父は幸せそうでした


020.jpg
021.jpg
  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Xmasまで、ちょっとだけ神様のお話 vol2 :: 2011/12/11(Sun)

映画好きだった父の影響で小さい頃からよく洋画を見ました

父はシドニー・ポワチエが好きで
彼が出てくると
「ええ、俳優やろ」と言っていました

野のユリ [DVD]野のユリ [DVD]
(2011/06/22)
シドニー・ポワチエ、リリア・スカラ 他

商品詳細を見る


1963年の社会派作品『野のユリ』は
シドニー・ポワチエが黒人俳優として
はじめてアカデミー主演男優賞を受賞した作品

おそらく中学生ぐらいに父と一緒に観たと思う
シドニー・ポワチエ演じる流れ者のホーマーが
東ドイツから亡命してきた修道女と一緒に荒野に教会を作るお話

ホーマーと修道女が歌う「Amen」は
たぶん初めて聞くGOSPELだったと思う


前に書いた「アンクルトムの小屋」とは違い
終始明るい爽やかなストーリーだったけれど
ホーマーが去っていく時には
神の前でも黒人と白人は同じ場所にいられないのかと思ったものです


約20年後
ゴスペルクワイヤのコンサートで
「Amen」を唄いました

脳梗塞で言葉を失った父にその事を話すと嬉しそうにしていました
唄も好きだった父は病後言葉を失っていたにも関わらず上手に唄いました
私が「A~men」と歌うと続いて「エ~~メン♪」と歌ってくれました

「Amen」の有名なラストシーン
是非観て下さい

http://youtu.be/rn6w255CGkk
  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:0

Xmasまで、ちょっとだけ神様のお話 vol1 :: 2011/12/10(Sat)

なぜだか小さな頃からアフロアメリカの人たちに興味があった
きっと幼いころに読んだこのお話の影響だと思う

アンクルトムの小屋 (少年少女世界名作全集)アンクルトムの小屋 (少年少女世界名作全集)
(1995/02/01)
ハリエット・ビーチャー・ストウ、香川 茂 他

商品詳細を見る




大昔に読んだきりなので、大体のあらすじしか覚えていないけれど
どうしようもない辛さ、悲しさで心が締め付けられた感覚は忘れられない
それと同時に、キリスト教という宗教にも興味を覚えた


友達が日曜学校に行っていると聞くと
行きたくてたまらなかったのだが、
私の家は仏教のとある宗派で、ほかの宗教を忌み嫌っていたので
「行きたい」とはとても言えなかった

聖書を読んでみたかったし
讃美歌を唄ってみたかった


アンクル・トムの信じた神さまを信じてみたかった
  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。