桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

「なりたい自分に早くなりたい」 :: 2008/11/20(Thu)

えーっと首都圏では、「shine!」の興奮もいまだ冷めやらぬと言った感じですが


「shine!」はおろか、『Twinkle Fes ’08』にも
ましてや『冬の絵空』にもいけないビンボー桃戸家に
春はいつ来るのでしょうか(TT)


まあ、それはねしかたないお話なんですわ
どんなに好きでも、第一優先にすることは譲れないんです
そこをはずしてしまうと桃戸家は桃戸家でいられなくなるんです


「shine!」のあとのケンタロワークスのメッセージが更新されとりまして

ああ、賢太郎さんは、やっぱり賢太郎さんだなと
なんだかほっとしました

それは、「TRIUMPH」を見終わったあとの感じになんだか似てまして
何が、似ているのだろうとちょっと考えました


以下、またもやネタバレなので
「TRIUMPH」未見の方は、見ちゃやーーーよ(笑)







「なりたい自分に早くなりたい」


この思いは、賢太郎さんがラーメンズを結成して以来
いえ、もしかするとそのずーーっと前から持っている願望
だと思います


願望はすなわち、モチベーションで
ガラスのハートの賢太郎さんを支えてたのは
これにつきるのではないでしょうか



新TAKEOFFからTRIUMPHまでの3作の共通項が
「コミュニケーション」と言った桃戸のちょっとした考察は
(過去記事参照 演ぶvol136、 演ぶvol136TEXTからトラアンフまで、演ぶvol136 トライアンフを考察する
「shine!」を見に行かれた方のお話を聞いて
「やっぱ、そーじゃないかしらん♪」と膨らみました



「ギリジン」に相の手?
あの一方通行ネタ「ギリジン」にい~?


その場で見てないから、はっきりいえないけど
それって、一緒に楽しんでいいよっ!っていう
賢太郎さんのメッセージだよね

あの、「TAKEOFF」のラストの「パパパパン!」と同じだよね!





なりたい自分になりたくて
一生懸命だった賢太郎くんは

「あー、おもしろいこと見つけちゃった、これやーろうっ」
を、何度も何度も繰り返して来たんだろうね



回りがどんなに、
「ええーー、これっすか?これ無理っすよ~」
って、言っても
「ダメ、僕がやるって言ったらやるんだい!」
となりたい自分を追及して来たんだろうね


でもある日気がついたんだよね


みんなで楽しんだ方がいいじゃない!って



今さら?的ですが 驚きますが
一生懸命だった彼には全く気がつかなかったのでしょう


で、みんなに伝えることにしたんだよね


コミュニケーションをとることにしたよ!  って事を



一人よがりじゃ だめなんだね! って事を


人の言うことに耳を傾けなさい
一緒にがんばろうよって
みんなが言ってることに気づいたっ  て事を




でも、でも、最後にカフカは自分の世界に戻って行ったよね
「僕は僕、僕の世界で 僕にしかできない事をやるよ」って



私は、このラストにほっとしたんだ



独りよがりで、なんだかいつも不安要素をもっているけど
世間の評判や、他者の意見にはあまりなびかず、頑なに見えるけど


私はきっとそんな小林賢太郎が好きなんです
そんな彼の生み出すものが好きなんです
不安要素が残る作品に心惹かれるんです





みんなに感謝してるよって
僕はここにいるんだよって  
一生懸命アピールしてくれた賢太郎さん


ちゃんと届いてますよー
あなたの気持ち


私のところにも届いてます  「鉢植えのひまわり」が


「やっぱり僕、このままの僕が楽しいや」
って思ったあなたを
ちゃんと理解したつもりです


だから、このまま生意気でいて下さい
我儘でいて下さい
「なりたい自分に早くなりたい」小林賢太郎が好きだから




一生応援するのすよ!

 ラーメンズを! 
小林賢太郎を!



その代わり・・・・



おもしろいもん作れよなー











スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<halu近況 | top | カウンターが・・・>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/100-2a81a57d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。