桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

1年ぶりに読了 :: 2009/04/18(Sat)

青空のむこう青空のむこう
(2002/05)
アレックス シアラー

商品詳細を見る




清々しい シンプルな壮丁の本
本を読むのが苦手なhaluが読みました



実は、これはコマQのプー子さんにいただいた本です
はじめてご一緒した「DROP」の会場で
「好きな本なんです、是非読んでみて」
とプレゼントしてもらっちゃいました

卒業式が終わって、さあこれから中学生活がはじまる
というころでした


「学校で読む」と言ってもっていったこの本は
ほとんど読まれることなく、持ち主が来なくなった教室のロッカーの中に
寂しく置き去りになっていました


この春、2年生始業式の日、この本を持った担任の先生に
「この本だれのーー、捨てちゃうよ!」と言われて
あわてて「それhaluのでーーーす」と返してもらったそうです。


やっと戻ってきたこの本、
朝の読書の時間に読みました
苦手な読書でしたが、すらすらと読めたそうです



「すごくおもしろかった」
そうです
ありがとうプー子さん、遅くなってごめんなさい
やっと感想が言えました



私も、来週からバスで読みます
私の感想はその後でね
スポンサーサイト
  1. momotoke
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<ラーなんとかのファンのみなさま ごめんなさい | top | ほんとうにやってんだな>>


comment

ああ、アレックス・シアラー!
私もこの「青空のむこう」を読んで、彼の作品にはまったんでした。
そうかー。
プー子さんも好きだったのかー。
なんだか嬉しい。

もの悲しいけれど、胸が暖かくなり、ちょっと微笑んで読み終われる、
素敵なファンタジーですよね。
なんか、プー子さんより先にコメントしてごめんなさい。
でも、haluさんも「すごくおもしろかった」とおっしゃっていたと知って
嬉しくて、つい。

ところで、桃戸さん、それからプー子さん。
岡田淳という作家はご存知ですか?
  1. 2009/04/18(Sat) 12:14:12 |
  2. URL |
  3. ふわ #xfrMlsmQ
  4. [ 編集 ]

ああ~ … こちらこそありがとう(涙)
haluちゃんと同じ世界を共有できて
私の方が ずっとずっと嬉しいよ~
そしてふわさんまで~(笑)

この本ね。
上野樹里ちゃんの愛読書でもあるんですよ。
彼女は10代でお母さんを亡くされて
でも気丈に強気で生きてきたそうです。

数年前 作者のシアラーさんに会いに行く
ドキュメンタリーに出演されてました。
作中に出てくる教会を訪れたとき
涙されてました・・・。

私もその教会を見た時は
作品が思い出されて 号泣しました。
でもね。悲しいお話じゃないの。
ポジティブなんです。不思議でしょ(笑)
桃戸さんもきっと「わかる人」だと思うので
ぜひぜひ!

>ふわさ~~ん
岡田淳さん 存じ上げません!
なになに?(わくわく)
検索検索・・・・
  1. 2009/04/18(Sat) 16:12:09 |
  2. URL |
  3. プー子さん #-
  4. [ 編集 ]

だめだ!
プー子さん、検索なんかしちゃ!
(あ、えーと。モゴモゴ・・・意味不明)

大阪では、haluさん達にお会いできないのがとても残念です。
日本舞踊の舞台、近かったら絶対に見に行ったのになぁ。
マッスグさんのコントのシナリオも、読むだけで目に情景が浮かんで、
クククって笑いが出ちゃうこともあるって、是非お伝え下さい。
  1. 2009/04/18(Sat) 20:52:59 |
  2. URL |
  3. ふわ #xfrMlsmQ
  4. [ 編集 ]

おおおお 
読書家のふわさんもハマったとは
そしてそして、あの西播磨の出世魚 上野樹里ちゃんも!

ううーーん、興めますなあー

で、岡田敦さん?
え?ググっちゃだめなの?どーして?おせーーて

樹里ちゃんお母さんはいないは
貧乏だわで、結構苦労したらしい
加古川のすごい庶民的な町で大きくなって
好きな女優さんですよ

ポジティブ!
うん、わたしってこういう作品世界でだけ
ポジティブになれるんですっ
そして元気をもらいます!
意外とダメ子ちゃんなんで助かります
ポジティブマインド作品
早く読みます~~


>ふわさん

えと、大阪には例の写真を持って行こうと思ってます
良かったら見てやって下さい
  1. 2009/04/18(Sat) 22:14:57 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/168-40395a7d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。