桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

最近ぼつぼつやってること :: 2009/08/02(Sun)

皆さん、出産直後ってどうしてましたか?

こうみえても不器用な桃戸は子育てしかできませんでした
とくにマッスグが生まれて直後からhalu出産までは

本は、おろか映画も全く触れてませんで
なんか本当に長いこと文化から遠のいてました


で、見逃した洋画をポツポツと見直そうと
まずは、以前借りたのに、(haluが保育園の時)なぜだかちゃんと見ずに返却したこちらを




シャイン [DVD]シャイン [DVD]
(1998/02/25)
ジェフリー・ラッシュノア・テイラー

商品詳細を見る



あああ、泣いたーーーー(笑)
これやばいわ、今の私にはやばい

この自閉症気味の息子を溺愛している父親
私かも知れない


「あらすじ」
デイビットは、ユダヤ系の厳格な父に音楽教育を受けて育ちます
貧しく、音楽に理解のなかった父親の家
そのために父は息子に夢をたくします

「ラフマニノフを弾け」と

デイビットは父の思いに報いようと努力しつづけ
アメリカ留学や、王立音楽学校への留学を勧められますが
どれも、父によって阻まれます
「この家から出てはいけない」と
その父を振りきり一人飛び込んだ王立音楽学校で
デイビットはラフマニノフを引きたいと教授に請います
コンテストに掛けた「ラフマニノフNO.3」は大成功で賞を取りますが
そのあとデイビットは倒れ、やがて精神を病み精神病院へ


あぶないなー>自分

昨日、一人で行かせた「お笑い甲子園」で決勝に進んだ息子を見て
子離れできてないのは、わたしだなと感じたばかりでこの映画・・・


今見ておいて良かったかも知れない
子供には子供の人生があること
どんな困難もそれを乗り越えるのは子供自身であること
解っているつもりでも、解りきれていないんですよね

娘もしかり
もっと彼女自身の人生を自分のあしで歩けるように
私自身が心を律していかなければ


やがて、精神病院を出たデイビットは、ピアノが弾きたいばかりに
雨の夜、町をさまよいます
そこで出会った一件のピアノバー
その経営者は気の良い女性
デイビットを保護してくれます
しかし翌日、客の前でデイビットがピアノを弾き出すと!
あまりのすばらしさに、客からブラボーの嵐
デイビットは瞬く間に人気モノに
映画のラストは、良きバートナーと出会い
リサイタルの成功させ号泣するデイビットや
その家族たちの姿が・・・



ハッピーエンドに、本当にすくわれた映画でした
私自身のために
スポンサーサイト
  1. kininarukininaru
  2. | trackback:0
  3. | comment:4
<<またすごいタイミングで見ちゃったよ | top | 決勝進出しました!>>


comment

「shine」ってどうしても「shine!」を連想しちゃうんですけど(笑)
でっかいウサギっぽい人も観たんでしょーか…

はい。私も出産直後は なーんもできませんでした。
親子共々 生きてるだけで精一杯でした。
だから イマドキのママはすげーな…と感心しております。
スリングさえあれば どこにでも行けちゃうみたいだもの。

映画も本と同じで 出会うタイミングがあるんだと思います。
桃戸さんが ちゃんと見ずに返却したのは
時期じゃなかったからだと思います(微笑)
そして 今回素晴らしいタイミングで鑑賞できて
よかったね。(よかったね、って…)

私は息子が幼稚園入園前に
「リトルダンサー」をたまたま観て
その後 息子の人の「あれ?」っていう個性にぶつかったときに
フラッシュバックのように 映画のワンシーンが思い出されます。

のびのびと自由に 子供の個性と生きる力を尊重して…ね
・・・なかなか映画みたいにはいかねーなっ!(苦悩)
  1. 2009/08/02(Sun) 23:22:23 |
  2. URL |
  3. プー子さん #-
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>プー子さん

> 「shine」ってどうしても「shine!」を連想しちゃうんですけど(笑)
> でっかいウサギっぽい人も観たんでしょーか…

どーーだろーー 
見ているような見ていないような(笑)



> だから イマドキのママはすげーな…と感心しております。
> スリングさえあれば どこにでも行けちゃうみたいだもの。

でもさすがに映画館は無理だよね??


>
> 映画も本と同じで 出会うタイミングがあるんだと思います。
> 桃戸さんが ちゃんと見ずに返却したのは
> 時期じゃなかったからだと思います(微笑)
> そして 今回素晴らしいタイミングで鑑賞できて
> よかったね。(よかったね、って…)

なんかね、自分の人生で最大級に自信をなくしてます
あああ、だめだだめだ 自分ってだめだ・・・って
そんなときに見ていい映画だったんでしょうか・・・
でも、謙虚も必要ですよね? とくに私の場合・・・(笑)


>
> 私は息子が幼稚園入園前に
> 「リトルダンサー」をたまたま観て
> その後 息子の人の「あれ?」っていう個性にぶつかったときに
> フラッシュバックのように 映画のワンシーンが思い出されます。

プー子さんは 「リトルダンサー」ですか
私本当は、偉人伝的な映画あんまり好きじゃないの
「shine」ってこんなだっけ?って見て思った
もっとあの、「ガープの世界」とか
「フォレスガンプ」とか見たいなやつだと思ったの



> のびのびと自由に 子供の個性と生きる力を尊重して…ね
> ・・・なかなか映画みたいにはいかねーなっ!(苦悩)

いかねーーよ
のびのびと自由にって言ってもね
感違いしてのばなしの子供ばっかりだよ 今の世の中

うちの場合、よく言うこと聞くもんだから
ついエスカレートしちゃいそうなんだよ

でも、ものすごいガンコな時は ガンとしてゆずらないから
肝心な時は、話も聞かずに自分で決めちゃうだろなって
今から覚悟を決めてます

スマン!いいお母さんじゃなくて
自分の人生だもんね
お祭り楽しんで!


  1. 2009/08/03(Mon) 07:47:01 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #-
  4. [ 編集 ]

マッスグくんのことでやったーやったーと
ひたすら喜んでましたが、
母親としての桃戸さんの思いの一端を読ませていただいて
涙が出ました。
子どもの手をいつ放せばいいのか、ホントに難しいですね。
手を放すどころか、お腹の中に戻しちゃいたいと思うことすらあるというのに。
やっぱり桃戸さんがこのタイミングでこの映画を観たのは
意味があることのように感じます。僭越だけど…

あああ、またお会いして子どものことやいろいろなこと、
お話ししたいよー

  1. 2009/08/03(Mon) 10:36:15 |
  2. URL |
  3. 村野りん #g4zXVrsI
  4. [ 編集 ]

Re: タイトルなし

>りんさん

なんかねーー、
「決勝に進んだ!」って電話で聞いた時
やっぱりか?!って思っちゃったよ

自分が足かせ・・・とまでは思わないけど
ただタイミングの問題だけとはいえないこの結果・・・

> 子どもの手をいつ放せばいいのか、ホントに難しいですね。
> 手を放すどころか、お腹の中に戻しちゃいたいと思うことすらあるというのに。


わかるよーーー、なんで大きくなるんだ!って思うときあるよね


> やっぱり桃戸さんがこのタイミングでこの映画を観たのは
> 意味があることのように感じます。僭越だけど…

そうですか?やっぱそうですか?
そーですよね 
ありがとう>「shine」
ありがとう>デイビット


>
> あああ、またお会いして子どものことやいろいろなこと、
> お話ししたいよー

私もですーーーー(泣)
ユニクロカレンダーに、ポートライナーから神戸オリエンタルホテルを仰いだ
あの景色が映ってるんですよね
なんかそれ見るとしみじみ思いだしちゃいます

いつかまた、聞いて下さいねーーー
  1. 2009/08/03(Mon) 22:14:33 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/222-96cd91b1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。