桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

PLUTO(プルートウ) :: 2010/01/26(Tue)

PLUTO 8 (ビッグコミックス)PLUTO 8 (ビッグコミックス)
(2009/06/30)
浦沢 直樹

商品詳細を見る




浦沢直樹 PLUTO!読みました!

嬉しい!やっとです

ずーーーっとがまんしてたんです
一気読みしたくて

正解でした!


感想は畳みます












手塚治虫へのオマージュであり
浦沢直樹の原点回帰でもあるこの作品は
たぶん立ち止まらずにイッキに読む方が良い

そう思って今までがまんしたかいがありました
キャラクター、ストーリー、それぞれのロボットのエピソード
どれもすばらしいです



原作を知らない人も多い時代になりましたので
簡単に解説をすると

0001193CHT.jpg0001201CHT.jpg0001194CHT.jpg0001195CHT.jpg

ロボット工学の天才、天馬博士
彼は一人息子の飛雄を自動車事故で亡くしてしまいます
悲しみのあまり息子とソックリのロボットを作り「トビオ」と名付けます
人間とほぼ同等の感情と様々な能力を持つ優秀なロボットであったが、
人間のように成長しない事に気づいた天馬博士はトビオをサーカスに売ってしまう。
サーカスにおいて団長に「アトム」と名付けられる。
やがて、アトムの可能性に着目していたお茶の水博士に引き取られ地球平和の為に活躍する。


おおまかなストーリーはこんな感じで
連載がつづくにつれ様々なキャラクターが登場し
それぞれのエピソードが語られます
その中で「アトム」は
・人間社会で生きるロボットであるがための差別
・父に愛されなかった悲しみ
という二つの十字架を背負い悩んだりします

「アトムの悲しみ」
「科学と人間が共存していくことの問題」
(これは、宮崎駿氏もずっとテーマにしていますね)

子供むけのアニメとしてはかなり深いテーマだからこそ
その頃の子供が大人になった今も人気のある作品なのです





戦争、地球環境問題、生と死、
手塚治虫は生涯を通してこのような「テーマ」を根底に
創作活動に従事してきた漫画家です

彼を師と仰ぐ浦沢直樹が鉄腕アトムの中でも非常に重い作品である
『史上最大のロボット』=『PLUTO』
をどのように描くのか
楽しみでしが、残念な作品になったらどうしようと言う不安もありました


自分の作品を一から作るより本当に難しかったと思います


アトムは、もとのキャラクターとかがらりと変わって
普通の人間の男の子になりました




これは、手塚治虫のご子息、眞さんの意見だったそうです
「キャラクターについては似顔絵みたいなのはやめてほしい」と

そして、それは大正解だったと思います

もしあの「アトム」のままだったら
あそこまで浦沢直樹らしい「アトム」は描けなかったと思うのです
頭のとんがった上半身裸のままでは
「アトム」の亡霊(失礼だけど)に追われて最後までしっかりと
描けなかったのではないかしらとさえ思います


変わったいなかったのはお茶の水博士が
「アトムや」と呼びかけるところ


ここは、わたしも好きだったのでうれしかったです



それにしても、7体の戦士のそれぞれのエピソードが全部泣かせます

特に、ゲジヒト、エプシロン、ノース2号のエピソードは
美しくも悲しくて、号泣しました


浦沢直樹さん、今回も堪能しました

次回作も期待しています





スポンサーサイト

テーマ:感想 - ジャンル:アニメ・コミック

  1. 浦沢直樹
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<マイケルの声は高級な楽器?! | top | まるでハリー・ポッターのようなマイケル>>


comment

私は最新刊が出るたびに読んでました。
「アトム」がアトムらしく描かれていましたよね。

ノース2号とモンブランの奥さんが印象的でした。
  1. 2010/01/27(Wed) 15:07:09 |
  2. URL |
  3. nyao(なお) #-
  4. [ 編集 ]

>nyaoさん

>「アトム」がアトムらしく描かれていましたよね。

そうなんですよ。なんというか本家よりもデフォルメされていないというか、
素に近い「アトム」って言うとなんか変なんですけど

そういう感じでした

>ノース2号とモンブランの奥さんが印象的でした。

ノース2号の回は本当に美しかったですね
最後の場面も

それからモンブランなんですけど、彼は結婚してないんですよ
奥さんて、いうのはその後で死んだ警察ロボットロビーの旧式のメイドロボットのことじゃないですか?

もしそうだったらあのシーンも良いですね
あとがきにも書いてましたけど、あのシーンは手塚治虫作「火の鳥」の「未来編」のお話を挿入してるんですよね
アトムでは描き切れなかったロボット社会の哀愁を、手塚治虫は「火の鳥・未来編」で描いているんですが、浦沢直樹はうまく挿入させて、みごとに浦沢直樹の「アトム」ワールドを構築しながら、
手塚アトムと融合させることに成功してると思うシーンです

あああ、ごめんしゃべりすぎですね(笑)

だって、すばらしすぎるんですもん 手塚先生も浦沢直樹も
(先生って呼べるのは手塚先生だけだ!・・ですよねww)


  1. 2010/01/27(Wed) 17:19:22 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #-
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/309-930bcbbd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。