桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

トライアンフ 感想 2 深読み編  ネタばれあります :: 2008/10/04(Sat)

TRIUMPH 深読みます!

おっ! どんな深読み(浅はかな誤解ともいう)なんだ?
と思って下さるかたのみ、お進み下さい


この記事は10月4日 トライアンフ千秋楽までトップに置いときます
是非皆様のご感想もお寄せください








本公演とKKPって本当に違うんだなーと思いました

ラーメンズの本公演って、難解ですよね
賢太郎さんは「何」が言いたかったんだろう?と深読みさせます
シンプルで単純な線はとてもきれいで
たどった時に出来る形はとても魅力的だけど
何を表現してるのかは、見る人によってちがう
だからこそ惹き付けられる


でも、もっとわかりやすい表現方法もある
ストレートにメッセージを投げかけて
観客とそれを共有する


KKPは、まさにそれ


今回の「トライアンフ」のメッセージは

「そんなに結果を急がないで、never too late」


「TAKEOFF」は、


「一人ではできないこともある、価値のある遠回りはどんどんしなさい」


って、ことですかね




これまでの、KKPを見てきて
感じるのは、どの作品もいささか歪な登場人物が主人公なこと
そして彼らが、ラストには、自分の居場所を見つけていく


これは、深読みすると全部賢太郎さんのことなのかな?と



それから付け足すと「Potsunen」は
自分には、どこまでできるのかという、挑戦の場
削ってますよねえ、自分 




KKPは自分の居場所さがし

そして「Potsunen」は、自己の追及なのかな?と




はい、ここから桃戸的、独りよがり深読みですよー








例の事件以降の3つの作品には
連作的な意味合いを感じます



「TAKEOFF」は、コミュニケーションの取り方を学び
(3人とも、どこかコミュニケーションに問題を持っていたが最後に3人でHAEを飛ばすことができる)

「DROP」は、自分の歪みを認識し
(坊ちゃん、あんたは、自転車にもカウンタックにもなれないんだ。あんたは人間なんだよ!)

「TRIUMPH」は、人を愛することを知る。そしてそれが大きな力になることを知る
(自分を信じてくれた人たちを、救いたい!僕にもできるはずなんだ)




桃戸は、ケガをした時に賢太郎さんは何かに出会ったのだと思います


それは、きっと人かな?


そして全力で走ってきた自分を振り返ることができたのだと思うのです



そうして一気にやりたいことができた


みんなに伝えたい事ができた



コミュニケーションの大切さに気づいた賢太郎さんは
こんなにこだわりの強い自分が、ここまでやってこれたのは
自分一人の力でないことにようやく気付いたのではないかしら
そして今、自分はしなければならないことがあると思った
それは、今まで支えてくれた、スタッフや仲間にお返しすること?




「TRIUMPH」は 「節目となる作品」 と彼は言いました


節目の作品で彼が言いたかったことは何か?




今まで、僕を信じ愛してくれた人たちありがとう
(情報皆無のチケットも買ってくれたね)
そして僕を育ててくれた人たちありがとう
(僕の力を信じて待ち続けてくれたね)
今度は、僕がみんなを愛する番です


「愛があれば、なんでもできる  
ありがとう!!!」



って、一番言いたいことを犬飼@セバスチャンに言わせてましたね







プー子さんも言ってたけど、
子供のことや、友人のことを思い出してしまう作品でした


そして切なくなりました



だから私は思ったんです
「ありがとう」がメッセージだったんだなって
(ご自分のお母さんにも言いたかったかな?)


切なくて、涙がでそうな「ありがとう」


誰もが、そんな「ありがとう」ありますよね


涙はこぼれてるけど、笑顔でいう


「ありがとう」



賢太郎さん、わたしからも、「ありがとう」です



のこりの公演 どうか、ケガなくご無事で







スポンサーサイト
  1. Rahmens
  2. | trackback:0
  3. | comment:11
<<使命を負う人 | top | 夢を見た>>


comment

情けないけど、私…
息子にいつかその「ありがとう」を言ってもらいたくて
いまの生活を頑張っている気がします。

母の愛は見返りを求めない、といいますが。

私は求めています!
見返りとして息子の「ありがとう」が欲しい。
何年先でも何十年先でも、いつでもいいから。
そして、
同時にそんな「ありがとう」が言える大人になれるように、と
日々息子を導いていきたいです。

賢太郎さんありがとう。
なんだか、いろいろ、…勝手に目から鱗です。

桃戸さんも、いつも気づかせてくれてありがとう☆
  1. 2008/09/14(Sun) 13:44:53 |
  2. URL |
  3. プー子さん #-
  4. [ 編集 ]

>プー子さん

そんなの私もですよっ!
それで、マッスグを追い詰めたこともあります
ひどい母です

なんかこの作品は特別なものになりましたね

子供との人生の中で、こんな作品にめぐりあって
しかも思いを共有できる人たちがいるってすごいことですよね

私も、 プー子さん ありがとうです
そしてプー子さんの息子の人もありがとう
  1. 2008/09/14(Sun) 16:04:43 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

初見の時は、観る側の私にも
相当な「気負い」があっていろいろ考えてしまった・。
でも、2度目は何だかほんとに楽しく、幸せな気分に
なれたのは確かです。
でも、私もちょっぴり「切なさ」を感じたのは・・
ああ、そうか!
自分のとこでうだうだ書いてますが・・
さすが、桃戸さん、短く的確に
そして「愛のこもった」コメント!
そして、私達も「愛されて」いるのね・・。
気づかせてくれてありがとう(^^)







  1. 2008/09/14(Sun) 16:44:52 |
  2. URL |
  3. ふう #-
  4. [ 編集 ]

ここ最近の賢太郎さんは、ホントに素直ないい子です。
受けての気持ちを推し量って受け答えしてた子供時代を、もう一度1からやり直してるような気がします。
ウチにも書いたけど、カフカ君は勝ち組になったわけじゃなくて、やっと普通の子としてのスタートラインに立ったんだと思います。
頑張れば出来る証として、みんなに証明して見せたのですね。
そういう意味での「節目」。

私も息子に「ありがとう」って言ってもらえる日を待ってます。
言ってもらえるように頑張ります。
まだまだたまに追い詰めちゃうけど・・・頑張ります。

「TRIUMPH」観て、子供産んでホントに良かったなって心から思いました。

かわいいよぅ、カフカ君。
大好きだよう、賢太郎ちゃん。(オフでの呼び方)
  1. 2008/09/14(Sun) 17:24:28 |
  2. URL |
  3. Denko #-
  4. [ 編集 ]

>ふうさん

相当な気負い
解ります 私の昨年のTAKOFFがそうでした
ラーメンズの小林賢太郎が作る舞台、を見に行った私は
KKPの意味も解らず。
ただ、難解でウィットに富んだ
自分にしか解らない
舞台を期待して行ったのです
KKP見に来たヤツがそんなこと期待しちゃだめだよな

でも、ふうさん習得が早いです
私、1年かかりました(笑)

ところで、今日「ツグノフの森」を見ました
こちらも評価の分かれる作品だったのですが
私これ好きです
それに対して「パリァッチ」はダメだったです
同じ作品でも、好き嫌いって別れるもんですね

ちなみに「ツグノフ・・・」のおまけ映像
太朗くんを抱っこする仁さん、に萌えました


>Denkoさん

そうだよねー 勝ち組なんてどっちでもいい
「成功」って人それぞれ違っていいんですよね

しかし、カフカって・・・
名前からすでにばればれですよね・・・
メタモルフォーーゼ!!

レイコ...?




  1. 2008/09/15(Mon) 00:08:52 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

ありがとうございます

今日私のトライアンフ休暇が終わりました。

愛のメッセージだと気付かせて下さって、
ありがとうございます。

私には彼が終始楽しそうに、照れくさそうに見えました。

そして、照れくさいから、愛と情熱は犬飼さんのセリフなのかも知れないですね。

  1. 2008/09/16(Tue) 02:39:31 |
  2. URL |
  3. よつ葉 #-
  4. [ 編集 ]

>よつ葉さん

愛と情熱があれば、なんでもできる!ありがとう!!

でしたね。(笑)

やっぱ照れくさいんですかね?
照れんなよ~(笑)



私も神戸@楽行きましたよー

アンケート書いてるとき、ピーちゃんを発見
いつもアンケートに描かれてるイラスト見せてもらいました
生、生!原画!原画!
可愛かったー!!とりわけカフカ君が!!(笑)

それからカテコの千秋楽トークは、もう本当に嬉しくってしょうがないって感じでしたね

こっちは、もう終わっちゃうんで寂しかったですけどね
トーク中話しかけられたおじいさんが羨ましかった~~(笑)



  1. 2008/09/16(Tue) 06:43:16 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

楽、楽しかったですねぇ。
敬老の日でしたもんね、おじいちゃん。
いい「孝行」をしてもらえましたね。
10人に面白かったとは伝えましたか?
私はまだです・・・。

素直な賢太郎。
ホコサキさん敵キャラの全盛期と比べると、
本当に素直になったと思いました。

  1. 2008/09/18(Thu) 00:14:41 |
  2. URL |
  3. よつ葉 #-
  4. [ 編集 ]

そうだ!「10人に小林賢太郎の作るものはおもしろいよ!」
って伝えなきゃいけないんだったww

そんなの、魔法ですればいいじゃないか

手でできることは、手でする!!


楽のカテコでは、これもありましたね
賢太郎さんverで(笑)

あーーーーん、思い出しちゃうよーーー(笑)
  1. 2008/09/18(Thu) 08:01:32 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

師匠の深読みを読ませていただきたくてうずうずしていましたよー

私ね、今回なぜかすごく嬉しいんです。
賢太郎さんがこういう作品を作ったことにホッとして、嬉しいの。
「嬉しい」って言ってる人あんまりいないし、
自分でも何がそんなに嬉しいのかよくわからなかったんだけど、
桃戸さんのこの文章読んで、
賢太郎さんの「ありがとう」を感じたからなのかな、と思いました。
そして「ありがとう」を言うための舞台装置として、
小さい頃からの夢だった「マジックショー」を選んだ。
いわば原点に戻った。その気持ちが嬉しいのかな、って。

「TAKEOFF」のときのモヤモヤを桃戸さんのおかげで解消できたからこそ、
「TRIUMPH」に込めた賢太郎さんの気持ちを素直に受け止められた気がします。
桃戸さん、本当にありがとう!
  1. 2008/10/05(Sun) 22:24:23 |
  2. URL |
  3. 村野りん #g4zXVrsI
  4. [ 編集 ]

>りんさん

今回、わたし 泣きました

「僕は、君にも魔法を掛けたよ トライアンフーー!!」

このセリフの時にね

私も、すごくうれしかったです
そしてこの作品は、今までで一番大事にものになりました

母親になって良かった
ラーメンズを好きになって良かった
りんさんや、プー子さんや、DENKOさんや
みんなと知り合えてよかった

そうですよね
小さい頃からの夢だった「マジックショー」
原点は、素朴でささやかなそこだったんだ
そう気づいた時に
強烈な風刺、社会批判、やさぐれたキャラクター
そんなものはなくても、世の中に何かを伝えられる
そのことに気づいたんだと思います

現に私たちには、充分伝わってますもの

ちびっちょ君の感想は、どうだったのでしょう?
あの空間を一緒に楽しみたならいいけどなー

  1. 2008/10/05(Sun) 22:51:58 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/45-6ea1dc62
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。