桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

小確幸 -小さいけれど、確かな幸せー :: 2011/09/09(Fri)

小確幸とは 村上春樹が「うずまき猫の見つけ方」というエッセイで作りだした言葉

「小さいけれど確かな幸せ」という意味だ


たとえば、
一生懸命汗して仕事したあとに、お気に入りのたち飲み屋さんで飲む最初の一杯とか

空き瓶についてるラベルがきれいにはがれた時とか

そういう本当にささやかだけど、確実に笑顔になれる幸せな瞬間のこと


大人には、色々あって しらっとしてるけどものすごくしんどかったり
ニコニコしてるけど、ちょっと腹が立っていたりするけれど
1日の終わりにそんな「小確幸」があると、
その日はきっと幸せな1日になる


桃戸の最近の「小確幸」はこんなのです


外周りの仕事を終えて、いつものように自転車で会社を目指す
営業時間を過ぎた地下駐車場のシャッターは半分おりているけれど
いち早く、私の自転車に気づいた警備のおじさんがいいタイミングでシャッターを上げてくれる
ギリギリブレーキをかけずにシャッターをくぐる私、シャッターはまだ上がる途中
「ただいまー」「おかえりー」警備のおじさんが敬礼して私を迎えてくれる
地下の駐車場につづく坂道、あがってくる車はなくカーブした坂を勢い良く降りる
そこでも、また警備のおじさんがタイミングよくシャッターを開けてくる
監視カメラにむけ、敬礼する私
ぎりぎりブレーキをかけずに身体をナナメにしてカーブし駐輪位置へピタリと自転車を止める
気分はジブリの主人公

こんな日は外回りでいやなことがあっても
ものすごく疲れていても、気分良く後片付けできます

私の本当にささやかな「小確幸」です



スポンサーサイト
  1. 未分類
  2. | trackback:0
  3. | comment:0
<<名付けという幸せ | top | そろりそろりと>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/469-513fd7fd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。