桃の木にまっすぐ春の陽さして





スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. スポンサー広告

演劇ぶっくvol.136 :: 2008/11/10(Mon)

演劇ぶっく 12月号 やっと手にいれました



トライアンフの舞台も久々に見れたし
先日、UPした賢太郎氏のどアップ写真も
近距離ガンミできました

ということでひとまず満足ですが


中身をおうちでじっくり読みますとですな
色々ふつふつと思うこともあるもので

ここらでずっと書こうと思っていた
トライアンフに寄せての桃戸的考察を行っときますか・・・


あ、例によって例のごとく ネタばれ注意・・・・!!





「俺はお前の大ファンのすよ。
見すぎて考えがぐるぐる回ってしまっているのす」


桃戸もぐるぐる回ってしまっているのすよ


考えれば考えるほど解らなくなるのが、賢太郎ワールド



コドモたちには、「お母さん考えすぎ!」って言われるけど
あながちはずれてもいないかも・・・と思うときもあるのですよ


演劇ぶっくの太文字で書かれていた言葉


「このマジック(トライアンフ)の構成が今回の構成には入っているんです」


YUSHIさんを紹介したいと思ったこととは別に
賢太郎さんの頭の中には、
やはり自分がエンターテイメントと出会った
トランプマジック「トライアンフ」への思いがあったのだと、ここで確信できました



何をやっても結果のでるのが、遅いカフカ
今まで何も達成したことのないカフカ


器用で不器用な誰かさんも
天然天使に出会うまでは、
ただ頭の中だけで 面白いことを考える 
何もなしていない人でした




つまり「トライアンフ」には自叙伝的な要素がたぶんに含まれているのではないだろうか
と桃戸は考えるのです



あーーー、すいませんあくまでも推測です
あくまでもね


長くなるので本日はここまで
この続きはまた・・・
スポンサーサイト
  1. Rahmens
  2. | trackback:0
  3. | comment:2
<<演劇ぶっく vol136 ~TEXTからトライアンフまで | top | これ知ってた?>>


comment

桃戸さん
こんにちはー!

私も演ぶ読みました。
でも恥ずかしながら
私、さっぱりわかんなかったです。
ぐるぐる回るまでいかず、ピンともこず、
買わずに帰ってきてしまいました(汗)
桃戸さんの解説つづき待ってます(笑)
  1. 2008/11/10(Mon) 11:53:14 |
  2. URL |
  3. miti #-
  4. [ 編集 ]

>mitiさん

なんかねー、解りにくいというか相変わらず本質の部分は全く語ってないというか
そのおりこうさんな発言はいったいあなたの何を隠しているの?と聞きたくなりますよね
とはいえ、この中にいっぱいヒントはある・・・
と言うかこじつけちゃいますよ

mitiさん でもね、解説じゃありません
うーーん、いうなれば・・・へたな講釈?(笑)
  1. 2008/11/10(Mon) 22:25:14 |
  2. URL |
  3. 桃戸千 #91l6.5m2
  4. [ 編集 ]

comment


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://riyanfa.blog70.fc2.com/tb.php/91-178d3804
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。